車のタイヤ、パンク激増の理由

「自動車のタイヤのパンクが急増している」という記事を目にしました。

JAFの対応件数による調べでは、車の安全機能や燃費性能が向上する中、タイヤのパンクだけは、10年前と比べて1.5倍に増えているそうです。

元の記事の分析には、いくつかの理由があげられていますが、ざっくり言ってしまうと「運転手が点検をしていないから。普段、気にしていないから」に他なりません。

そして、車環境で10年前から減ったこと増えたことといえば、ガソリンスタンドが減り、無人給油所「セルフスタンド」が増えました。実は、この有人のガソリンスタンドでの店員によるチェックが、タイヤのトラブルを未然に防いでいたのです。

近年ドライバーが急激に、タイヤの異変に気づかなくなったのではなく、燃費のいい車のおかげでガソリンスタンドへ寄る回数が減ったり、セルフスタンドを使うことで他者の目によるタイヤのチェックが減ったということでした。

こういった情報によって「自分の車は大丈夫かな?」と、大切なマイカーなら意識することができます。…ですが、社用車は大丈夫ですか?

社用車を使っていない時間に巡回チェック、洗車からオプションでメンテナンスまで。事故を未然に防ぐ、コレカ・カーサービスを、ぜひご検討ください!

車の点検・洗車にやってくるコレカ・カーサービス |
月1回3000円からの巡回カー点検・洗車サービス。車の故障対策、車の事故対策は、コレカ!

 

タイトルとURLをコピーしました