消えない KINGSOFT Internet Security はWindowsのせいだった

◆ESETのインストーラーが進まない

買ったばかりのPCに、付属ソフトで「KINGSOFT Internet Security リアルタイムガード」がインストールされていました。

ウイルス対策ソフトは社内で購入して管理している「ESETインターネットセキュリティ」をインストールするために、KINGSOFT Internet Security をアンインストールしたのですが、ESETのインストーラー(ダウンロードが始まるソフト)を起動すると、KINGSOFT Internet Security リアルタイムガードが検出されたので、それを消してから、インストールするように、という警告で止まってしまう。

これは、KINGSOFT が悪いと思い、完全削除の情報をWEB上で見つけて、regedit や Program Files フォルダ内を操作する手段を行ったが、ESETのインストーラーは、同じ警告で止まってしまい先に進めない。

まだ、おかしなところに KINGSOFT の残骸が残っているのではないかと、「kxescore」や「kxetray」という名前で探し回っても見つからなかった。

◆解決しました

結果、ESET のサポートに電話が繋がりまして「KINGSOFT Internet Security がいつまでも消えなかったのは、Windows 10 の Windows Defender セキュリティ センター過剰算出のせい」と教えて頂きました。

Windows のセキュリティセンターという機能が、既にアンインストールしているソフトをいつまでも記録しているせいで、ESETのインストールに干渉していたらしいです。

Microsoft の 欠陥商品 Windows に対して、どうすればよいかですが、以下の通り。

コマンドプロンプトを管理者として実行する。

cd c:\windows\system32\wbem
エンター押す
net stop winmgmt /y
エンター押す
ren repository rep.old
エンター押す

再起動

すると、無事、KINGSOFT の痕跡が消えて、ESET をインストールすることが出来ました。

今現在、この方法は、ESETのホームページには掲載していないそうですが、サポートセンターへの電話で、同じ質問をしてくる人はいるそうです。

KINGSOFT が最悪と思ったらそうではなくて、悪いのは Microsoft Windows でした。

タイトルとURLをコピーしました