北区の自動販売機-3

駒込駅東側踏切の大きなゴルフボールモニュメント看板の区画にある『ベジ駒くん』。とれたて野菜の無人販売所です。ロッカー式の什器にお金を投入して扉を開け、商品の野菜を取り出します。今まで手動販売機だと思っていたのですが、テント看板に自動販売機と謳っているのを発見しました。

もっと農村地域へ行くと、テーブルに野菜が置いてあり「お金はお茶の缶に入れてね」という無人販売も見かけます。ロッカー式の野菜販売機は珍しいと思っていたのですが、近年では、このタイプのロッカーに冷蔵機能がついて、都心の地下鉄の連絡通路などで、野菜や果物が販売されている様子も見かけるようになりました。

自宅マンションではなく、コンビニや地下通路で荷物を受け取る宅配ボックスが流行ってきているように、公共スペースで冷凍や冷蔵の宅配便が受け取れるクール宅配ロッカーも検討されているようです。

そういえば、ゴルフボール看板の線路沿いの坂を登ったところにある放置自転車集積所では、シーズンになるとテーブルの上に柚子が置かれ「ご自由にお持ちください」と街の人へプレゼントされています。近所の方のご厚意でしょうか。いい香りです。

タイトルとURLをコピーしました