北区の発車メロディ

先日、赤羽駅を通過したところ、発車メロディがエレカシでした。

エレファントカシマシの楽曲がJR赤羽駅の発車音に 清野とおるとのコラボも
エレファントカシマシの楽曲が11月16日から東京・JR赤羽駅の発車メロディーに起用される。 メンバー4人のうち3人が赤羽出身で旧赤羽台中学校の同級生であるエレファントカシマシ。昨年の『NHK紅白歌合戦』初出場時には地元有志による横断幕が掲出されたり、9月開催の『北区花火会2018』では彼らの楽曲にあわせた「音楽…

発車メロディーに起用される楽曲は、5番線ホームの“俺たちの明日”、6番線ホームの“今宵の月のように”。あわせて漫画『東京都北区赤羽』の清野とおるのイラストによるポスター、横断幕、懸垂幕、ステッカーが11月中旬から赤羽駅や赤羽の商店街、区有施設を中心に順次設置される。

エレファントカシマシのメンバー4人のうち3人が赤羽出身で旧赤羽台中学校の同級生とのこと。なるほど~。
私の通勤圏内では、高円寺駅の発車メロディが「阿波おどり」、高田馬場駅が「鉄腕アトム」など、地域由来の楽しいメロディーが流れています。

会社のある北区周辺出身の芸能人といえば、北区アンバサダー(親善大使)でもある演歌歌謡歌手の水森かおりさん。通っていた幼稚園が尾久駅のあたりらしく、レペゼン荒川区(元、荒川ラップブラザーズ)の伊集院光さんは幼稚園の先輩とか。

また、出身ではありませんが、駒込駅周辺は、壇蜜さんが和菓子屋修行をしていた場所があります。商店街のことや眼科のことなど、壇蜜さんの苦労時代のエピソードにはよく駒込が登場します。

最近では、若手漫才コンビ『納言(なごん)』の薄幸(すすき みゆき)さんによる駒込描写「駒込にゃ、質屋しか遊ぶとこねぇーな」が、最高のパワーワードですね。北口に、また新しい質屋が出来ていました。

タイトルとURLをコピーしました