傘のシェアリング1日70円

自転車のシェアリングサービスのサイクルポートをよく見かけるようになりましたが、傘のシェアリングサービスも、じわじわ広がっているようです。

値段も手頃で、急な天気の変化に対応できて、手放せるのも利点です。

コンビニの“ビニ傘”を代替、1日70円の傘シェアリング「アイカサ」が12月に公開へ | TechCrunch Japan
いきなりだけど、僕はコンビニのビニール傘(ビニ傘)のヘビーユーザーだ。 ズボラな性格のため天気予報をきちんと見ることもなく「今降ってないし多分大丈夫だろう」と傘を持たずに外出。結果的に雨が降ってきて、出先のコンビニで傘を買うことが頻繁にある(そもそも、もし雨が降ったらコンビニで買えばいいやと思っているからなの..
1日70円の傘シェアリング「アイカサ」が正式公開、渋谷中心に約50箇所からスタート | TechCrunch Japan
1日70円で傘を使用できる“傘のシェアリング”サービス「アイカサ」。約1ヶ月前に紹介したこのサービスが、本日12月3日に正式リリースを迎えた。

ユーザーはLINEでアイカサアカウントを友達追加し、盗難防止機能の付いたオリジナルの傘が置かれているアイカサスポットを検索。設置されている傘のQRコードを読み取り、ロックを解除してから利用する。アイカサスポットは店舗やオフィスビルなどの遊休スペースがメインで、ローンチ時点では40〜50箇所が登録される予定だという。

返却する際には傘立てにある返却用QRコードを読み込めばOK。返却場所はアイカサスポットであれば、どこでも好きな所を選べる仕組みだ。料金は1日70円で、24時間以内であれば違う傘を何度でもレンタルすることが可能。1ヶ月の上限金額も420円に設定されているので、月の利用回数が7日を超えた場合は追加料金なく使い放題となる。

自転車はコンビニのセブンイレブンにドコモサイクルのポートがあり便利です。コンビニで自転車を販売していないので、サービスになって驚異にはならない。傘の場合、コンビニ的には、シェアしないで買ってほしいという事情があると思います。どんなところに傘のポートが増えてゆくのか注目してみています。

エコロジーの観点からは、シェア傘に大賛成です。

タイトルとURLをコピーしました