コインランドリーが登場するMV/プリンセスプリンセス「SEVEN YEARS AFTER」

コインランドリーが登場するMVのご紹介、72回目。1991年当時のコインランドリー映像です。
(過去のMV紹介はタグ「ミュージックビデオ」をクリックしてください)

プリンセスプリンセス「SEVEN YEARS AFTER」

PRINCESS PRINCESS のオフィシャルYouTubeチャンネル開設のおかげで、1991年のコインランドリーの様子を見ることが出来ます。これは今後も10年も20年も愛されて、コインランドリーの資料映像としても注目されることを願ってやみません。岸谷香(奥居香)さんが、バンド活動を始めたのが16歳、プリプリの活動が19歳から。あらためて考えてみると16歳の決意で突っ走った勇気や衝動に敬服します。そして「みんなの好きなプリンセスプリンセスのまま解散したい」と人気バンドのまま解散したそのあとも、各メンバー各々の活動を経て、近年でも音楽活動で元メンバーと関わっている仲の良さ。東日本大震災以後の再結成も。本当にいつまでも「みんなの好きなプリンセスプリンセスのまま」であることが素晴らしいです。

コインランドリーが登場するPV/PRINCESS PRINCESS「SEVEN YEARS AFTER」

注目したいのは、2分過ぎに出てくるコイン投入口です。今時の自販機の投入口のように、スリットに効果を入れるタイプではありません。引き出してあるトレーに、100円がハマる溝が2~3個あります。そのコインサイズの溝に、設定金額の数だけ100円玉をハメて、トレーを「えいっ!」と力を入れて押すと、押し切ったところでコインがマシーンの中に落ちていきカウントされます。手を離すと空になったトレーがまた飛び出してきます。このタイプのコイン投入ユニットは、ジュースやチケットの販売機では見たことがありません。ですが、現在なら東京都庁の展望台スペースのおみやげコーナーにあるアメリカンテイストなステッカーの販売機でこのタイプのコイン投入ユニットがありました。ステッカーの自販機は、カードダスやガチャポン系とはちがうメタル調の筐体でした。おそらくですが、コインの大きさや厚みのバリエーションがありすぎる欧米諸国で、確実に、該当の金額のコインのみを回収するために、トレーの溝にハメさせるユニットが開発されたのでは無いでしょうか。信じるか信じないかは、あなた次第です!

 

コインランドリーオーナー様へ

ちょっと昔のランドリーマシーンでも、最新のIoTランドリーマシーンでも、ランドリーサポートならコインランドリー運営をがっちりサポート!集金、清掃、コールセンターの代行いたします。ランドリーサポート、ランサポと覚えてくださいね。

Laundry Support│ランドリーサポート
コインランドリー運営の頼れるサポーター【ランドリーサポート】24時間コールセンター、店舗清掃、集金、駆けつけ作業。
タイトルとURLをコピーしました