コインランドリーが登場するMV/みきなつみ「ぼくにとってのヒーロー」

コインランドリーが登場するMVのご紹介、73回目。多摩川エリア、高校生視点のいい風景です。
(過去のMV紹介はタグ「ミュージックビデオ」をクリックしてください)

みきなつみ「ぼくにとってのヒーロー」

ロケ地のコインランドリーは、雪が丘大塚駅から徒歩3分。大田区北嶺町、ミユキ通りのコインランドリー池田。SANYO の洗濯機と乾燥機、奥には AQUA の 8kg タイプも見えます。
田園調布と川崎をつなぐの丸子橋。アイス屋さんの前を歩いたり、たこ焼きを食べているのは雪が丘大塚駅前です。ミュージックビデオに登場する2人は、制服のまま寄り道しているので、広域エリア通学の高校生でしょうか?武蔵小杉駅や渋谷駅は、教育指導の先生が巡回していますので、一緒に寄り道するなら、雪が谷大塚駅あたりをウロウロするのがベストチョイスだと思います。多摩川駅は公園は広いけどお店が少ないです。

コインランドリーが登場するPV/みきなつみ「ぼくにとってのヒーロー」

「ぼくにとってのヒーロー」は仮面も武器も無い心のヒーローソングで、憧れやお互いの存在価値について手探りするような、まだ誰もが認める英雄ではないとても若い立場で歌われています。世界が認める価値ではない、関係性の中で生まれた存在価値こそ命に従って付いている、お金で買えないもの誰にも奪えないものの答えです。
このテーマにとても近いと思える映画があります。
SABU監督『砕け散るところを見せてあげる』です。竹宮ゆゆこの原作小説は表紙が浅野いにおのイラストでした。高校生のヒーローに憧れる男の子と女の子が「ヒーロー像」を胸に懐き日々を送ることで、今までの生活が大きく変わっていく学園+恋愛+大事件の物語。とんでもない事件が待っているのですが、二人だけの共有する(あるいは二人だけの秘密)ヒーロー三カ条によって、勇気ある行動に出ます。「ヒーローは自分のためには戦わない」誰かのためならここまで出来るという、仮面も武器も無い、心のヒーロー映画です。今ならまだ劇場で間に合います。オ・ス・ス・メ・です。

 

コインランドリーのオーナー様へ

ランドリーに一番愛情深い24時間365日対応のコールセンターはlaundry Support。ランドリー店舗オーナー様にとってのヒーローになりたい!高い満足度を目指します。集金・清掃・コールセンター代行で、らくらく運営。ぜひ、ご相談ください。

Laundry Support│ランドリーサポート
コインランドリー運営の頼れるサポーター【ランドリーサポート】24時間コールセンター、店舗清掃、集金、駆けつけ作業。
タイトルとURLをコピーしました