コインランドリーが登場するMV/ずみを「踊って」

コインランドリーが登場するMV紹介の第95回目です。君たち、たぶんめっちゃ家近いよ。
(過去のMV紹介はタグ「ミュージックビデオ」をクリックしてください)

ずみを「踊って」

コインランドリーのロケ地は阿佐ヶ谷駅の北側、中杉通り沿いプリメラ阿佐ヶ谷1階にあるコインランドリーです。阿佐ヶ谷南側のすずらん通りからパールセンターのアーケードを経て、北の商店街松山通りを歩いています。
阿佐ヶ谷パールセンターといえば七夕まつり。店の閉店後、夜中0時近くに飾り付けを見て歩くと人混みを避けて来ている有名芸能人とすれ違うこともあります。松山通り商店街は阿佐ヶ谷ジャズストリートの野外演奏が響く中、各商店が祭りの時だけうまいもので露店を出すのがいいんです。

コインランドリーが登場するPV/ずみを「踊って」

阿佐ヶ谷のコインランドリーは3店舗目です。
ゆるふわギャング「Dippin’ Shake」feat. シェアーズランドリー阿佐ヶ谷店。
off「shuto」feat. 天徳泉コインランドリー

特に、ミュージックビデオ「shuto」には、阿佐ヶ谷の名曲喫茶ヴィオロンを映していることから監督の阿佐ヶ谷愛を考察しました。

コインランドリーが登場するPV/off「shuto」

そして今回、ずみを「踊って」の歌の主人公は off「shuto」で主人公に介抱されていた中野の男と同一人物説。

中野駅から阿佐ヶ谷駅までのJR中央線の横移動を映している「shuto」には2駅歩いたことは唄われていないのに、阿佐ヶ谷の街を縦移動する「踊って」には「季節二駅分のふたり帰り道♪」というリリックが登場します。中野の織田学園あたりでうずくまっていた男は高円寺高架下を歩き阿佐ヶ谷まで友人に送られるもグダグダになって天徳泉コインランドリーに缶ビールと一緒に置いてゆかれます(このあたりは「off」のMVでご確認ください)。阿佐ヶ谷の中心でクロスする2つの歌。

「踊って」の主人公は、自分の足で歩き街の中のキレイなものを次々と見つけてゆきます。夜の街の商店街や公園の光に、君の光るイヤリングを思い出したり。2017年にしょぼくれて歩いた松山通り商店街。2021年の同じ夜道が、今度また会えるバイバイの後の高揚感。

関係なかったとしても、2つの映像の中の君たち、たぶんめっちゃ家近いよ。

かつて、コインランドリーデートというキーワードを軸に、付き合っている最中を歌っている男性シンガーと、分かれた後を歌っている女性シンガーの歌詞が噛み合っていましたが、今回は映像もシンクロする立体的なコインランドリーストーリーの考察でした。

コインランドリーオーナー様へ

コインランドリーのコールセンター、清掃代行、売上集金はコインランドリーサポート!グループに警備会社もある信頼の会社です。コインランドリーの作業代行はおまかせください。

Laundry Support│ランドリーサポート
コインランドリー運営の頼れるサポーター【ランドリーサポート】24時間コールセンター、店舗清掃、集金、駆けつけ作業。
タイトルとURLをコピーしました